[レビュー]Ewin Bluetooth折りたたみ式キーボード

レビュー

※この記事は、2021年2月25日に更新したものです。

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️(星4つ)

今回はEwinさんの、Bluetooth折りたたみ式キーボードの使用した感想を書いていきたいと思います。
結果的にコンパクト、軽量、価格、レザー質感(ブラウン)の観点から購入して正解な商品でした。
私は出先でiPadのキーボード用で使用していますが、他のタブレットやスマートフォンでも使用できますので、利用価値は高いかと思います。
この商品が少し気になっていたのであれば、参考になれば幸いです。

■目次
1.製品情報
2.感想(使用感、メリット、デメリット)
3.終わりに
1.製品情報ブランド:Ewin
製品名:Bluetooth折りたたみ式キーボード
本体サイズ:290×99×4mm
折りたたみサイズ:145×99×12mm
重さ:157g
充電時間:1.5〜2.0時間
連続使用時間:60時間
スタンバイ時間:220時間
距離:10m
キー数:80キー
保証期間:18か月
配置:US仕様梱包物
・Bluetooth折りたたみ式キーボード×1
・USB充電ケーブル×1
・スマホ&iPad用スタンド×1
・取扱説明書×1
・保証書×1キー配列がUS仕様なので、ご注意ください。

JIS仕様(キーにひらがな表記あるやつ)に慣れている場合は、少し慣れるまで大変かもしれません。
JIS仕様の商品もあるのですが、1,000円ほど高かったので、コスパやUS仕様を試してみたかった観点から、今回はUS仕様にしました。

スマホ&iPad用スタンドは軽量で持ち運びやすいですし、スタンドとして使う分には十分かと思います。
ただiPadの場合、サイズによっては縦置きでバランスを崩しやすいので、注意してご使用ください。

2.感想(使用感、メリット、デメリット)

メリット

・軽量、折りたたみ
私の中では、これが1番の要因です。
持ち運び前提だと、157gのキーボードはかなり貴重です。
逆に軽くても、カバンの中で幅をとる商品が多いと思いです。

・価格
私が購入した際は、税込2,800円ぐらいでした。
これぐらいの価格でしたら、試しやすいと思って購入しました。
良いキーボードは他にもあるかもしれませんが、10,000円以上の物もあるので、上を見たらキリがない世界です。

・接続
この折りたたみキーボードは開くと接続してくれるんです。
接続が簡単、開けたらすぐに作業できるのは嬉しいポイントです。

デメリット

・US仕様キーボード
デメリットかは微妙なラインですが、自分は慣れていないのでハードルが高かったです。
慣れてくれば使いやすい!とかはあるかと思いますが、最初は慣れるまで苦戦はすると思います。

・打感、キーサイズ
軽量、コンパクトを求めているので仕方がないのですが、やはり少し小さい印象と、打感が薄い感じはあります。
ここは好みの問題かと思います。
この価格と軽量感ではとても良い商品だと思います。

・購入時に探しにくい
Amazonで購入したのですが、色も何種類かあり、キーボードもJIS仕様とUS仕様があり探しにくかったです。
色や仕様によって価格も変わっってくるので、もう少しわかり易くすれば、もっと買われる商品かと思います。

3.終わりに今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
デメリットも書きましたが、購入して後悔ない商品かと思います。
iPadで入力を考えている場合は、選択肢に入れてもいい商品だと思います。
一応リンクを貼っておきますので、気になる場合はご参考ください。(森のシロクマさんより)


コメント

タイトルとURLをコピーしました