[レビュー]HERZのOrgan(オルガン) ブリーフケース(G-57)

レビュー

※この記事は、2021年3月10日に更新したものです。

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️(星4つ)

当ブログにお越し頂き、誠にありがとうございます。

昨日に続いてOrganの記事なり重複する箇所もあるかと思いますけども、何卒ご容赦ください。

今回はHERZの別ラインであるOrganの革鞄から、ブリーフケース(G-57)を紹介していきます。

結論からお伝えしますと、Organのブリーフケースは書類鞄用に作りこまれており、仕事で使いやすい革鞄ですよ。

HERZよりも華奢に見えますが、Organの革製品も十分丈夫ですし、被らないデザインも含めてオススメです。

HERZとOrganって何が違うのか、ブリーフケース(G-57)ってどんな革鞄なのか、そんな方にとって参考になれれば嬉しいです。

■目次
1.HERZとOrgan
2.ブリーフケース(G-57)
(1)基本情報
(2)素材
(3)コンセプト
(4)使用感
3.おわりに

1.HERZとOrgan

今回はOrganの情報を載せていきます。

住所:東京都渋谷区神宮前5-13-2 パインアンダーフラット1F
TEL:03-3406-2010
営業時間:12:00~19:00
定休日:水曜、第2木曜日

※店舗情報は都度更新されていますので、最新情報は店舗や公式ホームページへ確認お願いいたします。

最寄駅は、明治神宮前(原宿)駅になります。

少しわかりづらい場所にあり、私はDIORかTUMIを目安に曲がって、路地に入っていく感じです。

HERZは創業者である近藤さんが、1枚の革と出会い、初めて革製品を作ったときの楽しさが、創業のきっかけになっています。

OrganはHERZの定番商品とは違った、表情や素材感を持った商品を作るため、新たに立ち上げたブランドになります。

Organも店鋪兼、工房になっているので、作業している空気が感じられるのも嬉しいポイントです。

イタリアンレザーをメインに使っており、表情やメンテナンス頻度も違いますね。

メンテナンスフリーとはいかないですが、オイルを多く含んだレザーなので基本は乾拭きでOKですよ。

HERZでは道具としての鞄を重視していて、Organはシンプルな形に拘った鞄作りを重視しています。

革のにおいもHERZとは違った感じなので、同じ会社でも違いがあり面白いです。

 

2.ブリーフバッグ(G-57)

(1)基本情報

品番:G-57-AM~G-57-CT

価格:55,000円(税込)

色:アンバー(AM)、カスターニョ(CT)、ブラック(BK)

重さ:1,500g

(2)素材

ダコタという、イタリアンレザーを使用しています。

手触りはサラッとしており、張りや厚みがある革になり、経年変化のペースも遅く、長く愛用できるかと思います。

革本来の素材感を大事にしているため、キズやシワが入っていますが、それも味と考えていいと思いますよ。

(3)コンセプト

サイドのドイツホックが目立ちますが、表の部分は装飾が少ないことから、ビジネスシーンで使うことが考えられています。

(4)使用感

私はG-57-CTを購入しています。

品番が難しそうですが、G-57(ブリーフバッグ)、色はカスティーヨって感じですね。

小さいポケットにはAirPodsなど、大きいポケットにはiPadなど、メイン収納には書類や財布を入れて持ち歩いています。

カスティーヨを使っていますが、経年変化はまだ進んでいないように思います。

新品のまま長いこと使えるのも良いですし、経年変化が進んだ姿も今後楽しみです。

底鋲があるのもポイントでして、床に置いても汚れにくいですし、安定して立つのも良いです。

今ではビジネス用の使用率ナンバー1の革鞄でして、少し重いですが見た目もカッコいいですよ。

3.おわりに

今回は最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Organのブリーフバッグ(G-57)は、他の人と被らないですし、革鞄の雰囲気もいいのでオススメの商品です。

OrganのレザーでしたらHERZ定番品よりは、雨や傷を気にしないでも大丈夫ですので、気になさっている方には始めやすいかもですね。

雨のメンテナンスに使用する用品のリンクを貼りますが、普段のメンテナンスだけでしたらブラシやコットンの購入でOKですよ。(森のシロクマさんより)

コメント

タイトルとURLをコピーしました